日本のバイナリーオプション規制

日本のバイナリーオプション規制

バイナリーオプションは、為替金融商品の一種ですが、従来の金融商品とはかなり仕組みが異なっています。
一般に金融商品は将来の値動きを予測して買ったり売ったりして、その値幅によって損益が確定します。
そのため、値幅が大きければ大きいほど損益もまた大きくなります。
一方で、バイナリーオプションでは、値幅に関係なくある時点の指数から一定時間後の指数がある時点の指数よりも上回っているか下回っているかを予測するというものです。
このため損益は固定であり、最大損失額を限定することができます。またほかの金融商品と異なってバイナリーオプションでは少額からでも取引ができることから人気を集めています。

バイナリーオプションの歴史自体は浅く2008年半ば頃と言われています。
海外で発祥したものであり、近年では日本語にも対応した海外の業者も多くありますが、現地当局に無登録で行っている業者もあり、また換金に応じないといった悪質な業者もあるとされるため、業者選びには注意する必要があります。
一方で、日本でもこのバイナリーオプションに参入している業者もあります。
多くはFX取引やネット証券などが同様で、これらの会社であれば安心して取引を行えるメリットがあります。
また以前はルールも会社によって異なるなどしていましたが、2013年には業界団体では規制ルールを設けています。
規制後は、業者からの顧客への説明や顧客が一定の知識を有しているかといったテストなどを行うことになっており、また限度額を申告制度を設けることによって、過度な取引を防止するといったことが行われています。

海外のバイナリーオプションが今人気の理由上か下かを選ぶだけの簡単な投資
copyright(C)ざっくりバイナリー